ストーカー対策

ストーカー対策

最近、テレビなどのメディアでもたびたび話題に上っている、
ストーカー犯罪や近隣トラブル。
これらの被害者から、相談・依頼を受けることもあります。

 

自分だけを標的とした、悪意のある行動は、
相手が特定されていても、恐怖と不安を呼び起こします。

 

ストーカーについては、相手の姿が見えないことも多く、
そうであればさらにその恐怖や不安は大きくなります。

 

また、これらの被害は、刑事事件に発展する可能性も高く、
相手が巧妙に姿を見せない場合には、
自分自身で対処ですることは難しくなってしまいます。

 

今までのストーカー犯罪を契機に、ストーカー規正法ができ、
その後の法改正によってより警察の初動がはやくなってはきましたが、
警察に相談する場合に、ある程度の物証のようなものが必要となることがあります。

 

そうした場合に、例えば自宅や勤務先付近でストーカー行為をしている人物を特定したり、
その姿を確認して映像を残したり、といったことを行います。

 

また、ストーカーは盗聴や盗撮を行うことも多いので、
自宅などに盗聴器が仕掛けられていないかの発見除去についても、行う場合があります。

 

近隣トラブルに関しても、相手の予測はついていても、
どうしても決定的な物証ができない場合などは、
張り込み等によって物証を得ることなどを行います。

 

こうした犯罪性のある依頼に関しては、場合によっては警察と連携して動くこともでてきます。
ただし、ストーカーに関する依頼については、注意が必要です。
ストーカー犯罪者自身が、標的とする相手の所在が分からなくなったときに、
探偵を利用する場合があるからです。