企業調査

企業調査

企業に対する調査は、依頼者が企業の場合と個人の場合があります。

 

依頼者が個人の場合の多くは、
依頼者が就職を希望する企業に問題がないかなどを調べることが多いようです。

 

最近は、ブラック企業といわれる問題のある企業も増えてきていますし、
社内いじめや強引なリストラなどが問題視される企業もあります。
かなり厳しい経営をしている企業も少なくありません。

 

就職活動の結果、内定をもらった企業が、ブラック企業ではないか、
もしくは就業後に倒産の危険があるような危険な経営状況ではないか、
内部の人間関係に問題はないか、などの調査を本人もしくは家族が依頼することが増えているようです。

 

企業が企業への調査を依頼する場合は
基本的には取引先もしくは取引先候補の場合が多いといえます。

 

内容は大きく分けて二種類あり、
どちらも必要な場合もあれば、どちらか一つの場合もあります。

 

その一つ目は、調査対象の企業が一般公開している、
もしくは書類上から調べられるような情報を収集・分析するものです。

 

例えば、商号や所在地、電話番号、会社の沿革、関連会社、
株主などの登記事項などがあります。

 

その他にも、代表者について、福利厚生について、営業状況や財務状況について、
資金や営業状況について、などが挙げられます。

 

それから、もう一つについては、企業内部についての情報になります。

 

例えば、活動方針について、組織について、
人事や営業の戦略、執行部役員や労働組合について、取引の競合相手について、
などがこれにあたります。

 

これらの情報を収集するだけではなく、
正確に分析することもまた調査報告に含まれることになります。