探偵のしごと

浮気・不倫調査

ドラマや小説の中の探偵はさておいて、現実に存在している一般的な探偵の仕事として、
一番最初に思い浮かぶのは浮気や不倫の調査でしょう。

 

実際に、探偵や興信所への依頼でもっとも多いのはこの浮気・不倫調査で、
会社によって多少の違いはありますが、だいたい70%前後といわれています。

 

つまりは、探偵の仕事のほとんどは、浮気・不倫調査ということになります。
 

 

これは、はるか昔から今も変わらず浮気に悩む人がとても多いこと、
浮気調査は自分自身ではなかなか難しいこと、
近年では特に離婚率が上がっており、浮気の発覚が離婚に結びつくことが多くなった、
などの理由が考えられます。

 

犯罪や離婚の理由・原因が「痴情のもつれ」にある場合がとても多いことは、今も昔も変わりません。
つまり、浮気や不倫に悩みを抱えている人は表面に見えている以上に多いということであり、
実際に探偵に相談したり依頼をしたりするいわゆる顧客だけではなく、
将来顧客になるかもしれない潜在的な顧客は、相当数に上ると思われます。

 

そのため、どの探偵事務所や興信所も、浮気や不倫に関する調査を大切にしていますし、
宣伝に関しても当然この調査について重点を置いています。

 

ちなみに、配偶者やパートナーに対する不貞調査を、浮気調査というか不倫調査というかは、
探偵事務所や興信所でも違ってきますが、
婚姻関係がある場合は不倫調査、それ以外を浮気調査ということが多いようです。

 

恋愛のパートナーが対象の場合は、
浮気の定義が人によって違ってきますのでそれに沿った調査となりますが、
配偶者が対象の場合は、離婚や慰謝料が絡んできますので、
不貞の確実な立証が必要不可欠となります。

身上・素行調査

探偵の身上調査には、比較的多い依頼として2種類あります。

 

一つ目は、結婚相手やお見合い相手の身上調査です。

 

お付き合いをしている人がいて、結婚を考え始めたけれど、
相手が浮気をしていたり、多額の借金があったりしては、
結婚生活そのものが破綻しかねません。
そうなる前に、きちんと調べて安心したい、という場合などがそうです。

 

また、相手だけではなく、家族や親族も含めて家柄、思想、宗教、犯罪歴などが
自分や自分の家族にとって問題となることはないのかを調べる場合もあります。

 

この場合は、結婚前だけではなく、お見合い相手に対して、
お見合いをする前に調べることも多いようです。
さらには、結婚詐欺を疑った場合の調査も、あります。

 

もう一つは、企業による身上・素行調査です。

 

企業が、雇用を検討している人物について、
入社後に問題発覚などで困らないように事前に調べたる場合があります。
また、企業がすでに雇用している特定の社員に対して、
会社にとってマイナスとなる行動を起こしていないかどうかなどを調べたりします。

 

例えば、背任行為を疑った時は情報漏えいや業務時間中の逸脱したサボり行為などについて、
昇進を検討している場合は、それに加えてセクハラやパワハラなどについて、依頼があります。

 

他にも、例えば未成年の子どもの外出時や離れて暮らす子どもの素行調査、
子どものお付き合いしている相手についての身上調査といった両親からの依頼や、
取引先の営業社員への信頼性に関する身上調査といった企業からの依頼などもあります。

 

 

更新履歴